らふ梅

庭に咲く臘梅です。19年前に、一本の枝の苗木を植えて、花を待つこと十年ぐらい。ようやく花がたくさん咲きはじめました。
今では、丈も高くなり、高い枝に花をつけ、あのふくよかな香りが遠ざかり。
裏山のヒヨドリが花を食べによく来ています。
  
   
   遠ざかる臘梅の香の落ちてくる    里美

   臘梅やぱくんと鵯の澄ましがほ     

   かなしみて臘梅の香につきあたり    

終いの句は、96歳の山口青邨先生がお亡くなりになった12月の年が明けて、鎌倉で。1989年作。
もう27年前・・・
青邨先生に6年ほど、句会で毎月ご指導を賜りました。杖もつかず、東京女子大の小さな句座まで通ってくださいました。
その先生の意気込みに、私も中途半端な句は句会に出せない・・と思いました。
句会の前日、藤沢から井の頭公園まで出かけて作った句です。

  やはらかに水を押しゆく鴨の胸   里美
                 (『あかり』)

この句を、句会で青邨先生に特選で評していただいたのが、青邨先生とのお別れとなりました。
お話はしっかりと普段どおりでしたが、句座から玄関まで、青邨先生の手を引かずにはいられないほどでした。
タクシーに乗り込まれた先生が、さっと手を上げられたお姿が目に焼き付いています。

                     ☆

                     ☆

                     ☆

初日初富士おめでとう

              
初空の藍と茜の満たしあふ       山口青邨

ガンジスに身を沈めたる初日かな    黒田杏子


 

 

初富士のかなしきまでに遠きかな    青邨

初富士やほのと朝日に染まるとき    里美 

 
   

     七里ヶ浜へ行き、初詣をしてきました。
     願い事が多すぎて、初笑い。
  

                             ☆

                             ☆

                             ☆

梅ひらく 近況2015

あけましておめでとうございます。
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ためしに作ったブログですが、ものの見事に、三日坊主でした・・・

子供の受験、就職、独立、親の病と続きました。

俳句の近況を思いつくままに。

朝日カルチャーセンター湘南で「こんにちは、俳句」の講座がおかげさまで軌道に乗り、
共感と笑い声の響く教室になりました。
「はじめまして、俳句」の新講座も始まりました。

角川の『俳句』で「名取里美が評するKADOKAWAの新刊」を一年間担当し、
42冊の書評を書かせていただきました。

宮坂静生主宰の「岳」で作品評を書かせていただきました。

和田耕三郎代表の「OPUS]で作品評を書かせていただきました。

中村和弘主宰の「陸」で同人作品評を書かせていただきました。NHK出版の『NHK俳句』でエッセイと作品評を書かせていただきました。

瀧澤和治代表の「今」で作品とエッセイを書かせていただきました。

創刊25周年の「藍生」で地元、鎌倉のエッセイを12回連載させていただきました。

 「藍生」に「俳句とわたし」のエッセイと作品を載せていただきました。

「藍生」の支部、海燕の会の仲間の浅井敏子さまの句集『幼なじみ』の跋文を書かせていただきました。

NHK学園と朝日カルチャーセンターの講座で俳句添削をさせていただきました。

まさに俳句列島日本の俳句の豊饒に圧倒された日々です。

そういえば、思いがけなく
第13回鎌倉全国俳句大会の当日句で鎌倉全国俳句大賞をいただきました。

  帯解の唇に一筆母の紅      里美

俳人協会全国大会の当日句で特選にも。

  晩年の映るみづうみ澄みにけり   里美

年末に狭庭の梅が早くもひらきました。
みなさまのますますのご多幸の新年をお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                             ☆

                             ☆

                             ☆ 

百合ひらく

狭庭に、高砂百合が20輪ほど咲いています。
種が飛んできて増えました。
台湾原産。昔、日本に種を持ってきたのは人かしら。鳥かしら。

      
 百合の蘂みなりんりんとふるひけり  川端茅舎

                           ☆ 

                           ☆ 
                           
                           ☆  

こんにちは

はじめまして、名取里美と申します。
俳句を始めて、33年。
故・山口青邨先生、黒田杏子先生に導かれた月日です。
皆さまと俳句との出合いに感謝して、まごごろをこめて綴りたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は、北上詩歌文学館にある山口青邨旧居です。
このお庭(通称、雑草園)を青邨先生にご案内いただいたのは、32年前。
お庭の桜が散るころでした。

                           ☆

                           ☆ 

                           ☆

近況 2014

つくつくぼうしが玄関先に鳴いています。

角川『俳句』八月号に、「感情表現の在りかた」についてまとめました。
WEP『俳句通信』に「蛍」7句を掲載していただきました。

朝日カルチャーセンターの湘南教室(藤沢駅ルミネ)で10月より俳句教室を開きます。
山口青邨先生、黒田杏子先生に教えていただいたことなどをお伝えして、さらなる俳句上達の一助になれればと思います。
楽しい仲間ができることを願っています。

http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=256277&userflg=0

                           ☆

                           ☆ 

                           ☆