NHK全国俳句大会

1月24日、NHK全国俳句大会に出掛けました。

この大会の予選の選考委員を務めていました。
応募総数、42504句。その中から各選者に選ばれることは、光栄の至りです。

黒田杏子先生も選者でした。以下は先生の選ばれた三句です。

 朝顔の咲いていた筈ヒロシマ忌   荒田苔石

 クリスマス老人はただ街に出る   清水俊夫

 アマゾンの日焼け一生の宝とす   佐藤あさ乃

朝顔の作品は、大会賞にも選ばれました。
荒田さまも黒田先生も壇上で大喜びでした。
黒田先生のご選評を写します。

 原爆忌・広島忌の俳句は毎年数多く詠まれています。しかし、この句に出会ったとき、ハッとしました。八月六日、その朝早く、広島の市民の庭には涼やかに朝顔が開いていたと思われます。そののち原爆投下。これまで出会ったヒロシマ忌の句の中で私の心にもっとも深く刻まれた一行でした。

一瞬に消えた朝顔。種をまいて大切に育てていた人々・・・。
かなしみの名句にじんとします。

名句のあとに恥ずかしいですが、角川の『俳句』2月号に12句を載せていただきました。
タイトルは「先生」です。

この寒中、みなさまどうぞお大切になさってくださいませ。

              ☆  

              ☆

              ☆

哀悼

写真は、この一月で閉館となる、神奈川県立近代美術館の鎌倉館。
1月14日、「屋根」同人の高田(遊田)礼子さまが旅立たれました。
山口青邨門下の俳人で、私はこの方のお導きがなければ、俳句から遠ざかっていたかもしれません。

大学3年生の私が初めて青邨先生ご指導の「白塔会」に参加したときに、「うちで、黒田杏子先生の勉強句会をしているから、いらっしゃい」と大学の大先輩の礼子さまからお誘いをいただきました。
この句会が「木の椅子会」でした。礼子さまは、ご自宅の和室を開放され、句会の魅力あふれる場を献身的にお作りになられていました。
東京女子大の「白塔会」の予備校的性格と、黒田先生は私の句集『螢の木』の序文に書かれていらっしゃいましたが、学生と若いOG数名の家庭的な句会でした。礼子さま手書きのプリントの句会報が配られ、私は俳句の楽しさに引き込まれていきました。
この会に東大「原生林」の学生が参加されるようになり、のちのち「木の椅子会」は発展していきました。
現在の俳壇の中核を担う、当時の若き方々が集まる句会になっていったのです。

高田礼子さまと黒田杏子先生は、私を含め、年若い俳人を育ててくださった大恩人なのです。

不思議なことがありました。
13日の晩に、私は珍しく部屋の片づけをしていました。
翌日、礼子さまの訃報を知り、かなしみ落胆しているとき、昨晩の片づけものの中から、『春雪ージュニア俳句ー』(昭和63年9月)という冊子が一冊出てきたのです。それは、礼子さまがお一人で運営、編集されていた春雪ジュニア俳句会の機関誌でした。
その中に、私が「螢の木・抄」として、第一句集の中からの10句を寄稿していました。

このことを、礼子さまのお嬢様の桃子さんにお話すると、「母がみんなのところに挨拶しにいったんですね」とおっしゃっていました。
その機関誌には、高田礼子さまが、「宮沢賢治のこと」として文章を書かれています。
少し、引用させていただきます。

 後に賢治は《私に詩眼を開いて下さったのは先生の童話です。私の童話は根本は法華経から来ていますけれ共、先生の童話の息のすることがお分かりになりませんか。》と八木(賢治の小学校三年の担任教師)に語っています。この新進の先生は又、子供達を外に連れ出して野外教育をほどこし、疲れると菓子などを買って食べさせ遊びながら共に学ぶ、ということを教えました。賢治が後に農学校の先生になった時の授業ぶりは、八木先生によく似ていたと云われています。

高田礼子さまは、この八木先生、並びに宮沢賢治の先生ぶりに似ていらしたと、私には思えてきました。
とてもお優しく、繊細かつ行動的な文学者、お母様でいらっしゃいました。

礼子さま、たくさんのあたたかなご指導を賜りまして誠にありがとうございました。
どうぞお安らかに、ご家族や私たちのことお見守りくださいませ。

                          ☆

                          ☆

     
                          ☆

受験

先日のバス事故の若い犠牲者には胸が痛む。心より哀悼を捧げます。

今日は、大学入試センター試験の日。

  おうと片手を挙げゆけり受験生   里美
                 (『家族』)

数年前に、都内の受験校で小学生の受験生を送り出したときの句を思い出す。
そのあと、近くの公園を吟行したりして時間をつぶしたなあ。。。

  受験子の顔大人びてゐたりけり   里美
                 (『家族』)

試験後の子供を迎えに、校門近くで待っていた。
ようやく出てきたわが子の印象。
「試験監督の先生の話がとてもおもしろかった」と子は満足そうだった。
その翌日も受験なので、そそくさと帰宅しなければならなかった。

受験は苦労があるけれど、子も親も成長の機会と、前向きに思うことにしようっと。

                    ☆

                    ☆

                    ☆

らふ梅

庭に咲く臘梅です。19年前に、一本の枝の苗木を植えて、花を待つこと十年ぐらい。ようやく花がたくさん咲きはじめました。
今では、丈も高くなり、高い枝に花をつけ、あのふくよかな香りが遠ざかり。
裏山のヒヨドリが花を食べによく来ています。
  
   
   遠ざかる臘梅の香の落ちてくる    里美

   臘梅やぱくんと鵯の澄ましがほ     

   かなしみて臘梅の香につきあたり    

終いの句は、96歳の山口青邨先生がお亡くなりになった12月の年が明けて、鎌倉で。1989年作。
もう27年前・・・
青邨先生に6年ほど、句会で毎月ご指導を賜りました。杖もつかず、東京女子大の小さな句座まで通ってくださいました。
その先生の意気込みに、私も中途半端な句は句会に出せない・・と思いました。
句会の前日、藤沢から井の頭公園まで出かけて作った句です。

  やはらかに水を押しゆく鴨の胸   里美
                 (『あかり』)

この句を、句会で青邨先生に特選で評していただいたのが、青邨先生とのお別れとなりました。
お話はしっかりと普段どおりでしたが、句座から玄関まで、青邨先生の手を引かずにはいられないほどでした。
タクシーに乗り込まれた先生が、さっと手を上げられたお姿が目に焼き付いています。

                     ☆

                     ☆

                     ☆

初日初富士おめでとう

              
初空の藍と茜の満たしあふ       山口青邨

ガンジスに身を沈めたる初日かな    黒田杏子


 

 

初富士のかなしきまでに遠きかな    青邨

初富士やほのと朝日に染まるとき    里美 

 
   

     七里ヶ浜へ行き、初詣をしてきました。
     願い事が多すぎて、初笑い。
  

                             ☆

                             ☆

                             ☆

梅ひらく 近況2015

あけましておめでとうございます。
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ためしに作ったブログですが、ものの見事に、三日坊主でした・・・

子供の受験、就職、独立、親の病と続きました。

俳句の近況を思いつくままに。

朝日カルチャーセンター湘南で「こんにちは、俳句」の講座がおかげさまで軌道に乗り、
共感と笑い声の響く教室になりました。
「はじめまして、俳句」の新講座も始まりました。

角川の『俳句』で「名取里美が評するKADOKAWAの新刊」を一年間担当し、
42冊の書評を書かせていただきました。

宮坂静生主宰の「岳」で作品評を書かせていただきました。

和田耕三郎代表の「OPUS]で作品評を書かせていただきました。

中村和弘主宰の「陸」で同人作品評を書かせていただきました。NHK出版の『NHK俳句』でエッセイと作品評を書かせていただきました。

瀧澤和治代表の「今」で作品とエッセイを書かせていただきました。

創刊25周年の「藍生」で地元、鎌倉のエッセイを12回連載させていただきました。

 「藍生」に「俳句とわたし」のエッセイと作品を載せていただきました。

「藍生」の支部、海燕の会の仲間の浅井敏子さまの句集『幼なじみ』の跋文を書かせていただきました。

NHK学園と朝日カルチャーセンターの講座で俳句添削をさせていただきました。

まさに俳句列島日本の俳句の豊饒に圧倒された日々です。

そういえば、思いがけなく
第13回鎌倉全国俳句大会の当日句で鎌倉全国俳句大賞をいただきました。

  帯解の唇に一筆母の紅      里美

俳人協会全国大会の当日句で特選にも。

  晩年の映るみづうみ澄みにけり   里美

年末に狭庭の梅が早くもひらきました。
みなさまのますますのご多幸の新年をお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                             ☆

                             ☆

                             ☆ 

百合ひらく

狭庭に、高砂百合が20輪ほど咲いています。
種が飛んできて増えました。
台湾原産。昔、日本に種を持ってきたのは人かしら。鳥かしら。

      
 百合の蘂みなりんりんとふるひけり  川端茅舎

                           ☆ 

                           ☆ 
                           
                           ☆  

こんにちは

はじめまして、名取里美と申します。
俳句を始めて、33年。
故・山口青邨先生、黒田杏子先生に導かれた月日です。
皆さまと俳句との出合いに感謝して、まごごろをこめて綴りたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は、北上詩歌文学館にある山口青邨旧居です。
このお庭(通称、雑草園)を青邨先生にご案内いただいたのは、32年前。
お庭の桜が散るころでした。

                           ☆

                           ☆ 

                           ☆

近況 2014

つくつくぼうしが玄関先に鳴いています。

角川『俳句』八月号に、「感情表現の在りかた」についてまとめました。
WEP『俳句通信』に「蛍」7句を掲載していただきました。

朝日カルチャーセンターの湘南教室(藤沢駅ルミネ)で10月より俳句教室を開きます。
山口青邨先生、黒田杏子先生に教えていただいたことなどをお伝えして、さらなる俳句上達の一助になれればと思います。
楽しい仲間ができることを願っています。

http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=256277&userflg=0

                           ☆

                           ☆ 

                           ☆